サンダーバード1号

画像

MATCH BOX
1992
MADE IN CHINA

画像

サンダーバード1号機は、トレーシー家の長男 スコットが操縦する超音速ロケット機。

地球上のあらゆる場所に60分以内に先行して移動できるように設計されているそうです。

マッハ20で飛ぶ機体は、速度に応じて可変後退翼を展開する。


そのギミックがマッチボックスにも付いています。

画像

想定サイズは35メートルを超える大型機で、原子炉を動力源としています。

救助現場到着、離脱時には、垂直離着陸を行う。

画像

映像では、可変後退翼の一部がブルーにペイントされているシルバーの翼ですが、こちらは翼全体がブルーになっています。


画像

3回目の次は、フィギュアの紹介をしていきたいと思います。


この記事へのコメント